借地借家法の種類

家借地借家法、あるいは定期借地権と呼ばれているのが、平成3年に公布され平成4年8月から施行されている借地権に関する法律です。法律が改正される前の旧法では、地主に不利な問題がありました。地主が土地を貸してしまえば返還してもらうのは困難になり、最終的には更新や契約が切れているにもかかわらず立退料を払って出ていってもらうようなケースも珍しくなかったのです。そのため法改正に至って借地借家法が制定され、契約期間を定めた法律となりました。

借地借家法で制定されたのは、確定期限で終了する定期借地権・一般定期借地権・建物譲渡特約付借地権・事業用借地権です。いずれも期限が設定されていますから、地主は安心して土地を貸し出すことができます。更新が可能な普通借地権や一時使用の賃貸借も制定され、借地権の利用ルールは範囲が広まったようなところがあります。

ところが、地主に安心と見えた借地借家法にも問題が出てきています。旧法で契約していた借地は依然として旧法のルールが適用されていることから、結局は当面新法の適用に至らない借地も多いのです。長期間の存続が特徴だった旧法の借地権について、地主と借地人でもめごとになるケースが増えています。

Pocket